2016.11.15

げみの描く音、武市和希の歌う絵

げみ(イラストレーター)×武市和希(mol-74)

「ずっと一緒にものづくりしていきたいな...。」取材後、げみはポツリと呟いた。現在書籍の装画を中心に人気の高い彼が、mol-74のCDジャケットでイラストを描き始めたのは2012年。その後、今年8月にリリースしたニューアルバム『Kanki』に至るまでの約4年間、mol-74作品ほぼ全作のアートワークを担当。武市和希(Vo,Gt,Key)との出会いや、『Kanki』ジャケットイラストのイメージ、互いの関係性などをインタビューした。

NEXT 1 2 3 NEXT

頼まれることに価値があるんだと思えた瞬間、何かが吹っ切れた(げみ)

img_001

—お二人の出会いは、2012年リリースのmol-74(以下:モルカル)1st ミニアルバム『18%の描いた季節』のCDジャケットからですか?

げみ

そうです。

武市

そのアルバムの中に「青時雨」という歌詞が出てくる曲があり、言葉の意味は知っていましたが、何となく画像検索をしてみたんです。すると一番最初に出て来たのが、げみさんの「青時雨」という作品でした。自分の中では大変衝撃的でしたので、すぐにTwitterのDMで「CDジャケットの絵を描いてもらいたいのですが。」とお話を持ちかけたんです。

げみ

でも僕は当時、アーティストとして活動していたので、すぐにお受け出来なくて。その後、精神的に病んでしまって絵が描けない時期があったんですよね。それからしばらくして武市さんからの連絡を思い出して、こちらから改めて連絡させて頂きました。実際会ったのは最初の連絡から半年後くらいだっけ?

武市

半年から一年の間くらいだった気がします。あの時げみさん、坊主頭だったよね(笑)。

げみ

はい(笑)。

武市

待ち合わせの時、チラチラ目が合う人がいるとは思っていたけど、僕がイメージしていた人と印象が違っていたので(笑)。

げみ

アハハ!

武市

でも実際会ってみると結構共通点が多くて。家族構成が同じ上に、お互い一人っ子。年齢も一緒だし。

げみ

連絡をくれたのもTwitterだったのに、当時住んでいるところが近かったり。色々なことが運命的に噛み合った気がしました。武市さんは初めてのCD制作、僕はフリーになって初めてのイラスト依頼で、お互いゼロからのスタートでしたね。

img_002

武市

懐かしいな。でも、げみさんは同い年なのに先輩的な感じがするんだよね。 色々なことを教えてくれるし、僕が弱っている時には良い言葉をかけてくれる。最近は拠点が離れてしまったからなかなか会えないけど、げみさんの実家の珈琲屋さんにも遊び行って、コーヒーを頂いたり、美味しいラーメン屋さんにも行ったりね。

げみ

行った、行った!

武市

今でも落ち込んだり行き詰まった時は電話してしまう(笑)。

げみ

一時間くらい喋ってるよね。自分もアーティスト経験の中で、悩んだり苦しんだりしてきたから「こう考えると楽だよ。」と言えるのかもしれないですね。でも僕も武市さんから絵の依頼を受けたことで救われました。

武市

そうなの?

げみ

アーティスト活動中、どうしても何かを伝えたいという個からのパワーがないと絵を描いてはいけないと思った途端、絵が描けなくなってしまって…。同時にその動機も失って…。でも武市さんからの依頼で、「イラストレーターという仕事があるんだ。頼まれることに価値があるんだ」と思えた瞬間、何かが吹っ切れました。

武市

それまではイラストレーターになりたいとは思っていなかったんですか?

げみ

うん、思っていなかった。実家の珈琲屋を継ぐかどうか考えていたし、絵を描いても良いと言ってくれることの価値を知らなかったから。絵を描いて欲しいと言われたことで全力が出せる仕事はイラストレーターしかないと思って、それをきっかけに人からの依頼に価値を見いだし、それに対して全力で向き合うスタンスになれた。でも自分が表現したいものがあるってスゴいと思う。僕はゼロからというより、人がいて初めて生まれる価値だからね。

武市

僕は逆にそれが出来ないから(笑)。

げみ

それは武市さんがアーティストだからでしょ。イラストレーターでもアーティスト気質な人はいて「自分はこういう表現したいからこれは譲れない。」と言う人もいる。それが悪い事では無いと思うし、人それぞれだけど僕は違うからね。

NEXT 1 2 3 NEXT

RECOMMEND