2016.11.22

映画監督が作るミュージックビデオ

シミズコウヘイ(カラスは真っ白)×朝倉加葉子(映画監督)

グルーヴィーでファンキーな新世代ポップバンド、カラスは真っ白の「魔法陣より愛を込めて」(9月21日発売ニューアルバム『バックトゥザフューチャー』収録)は、バンドのキーマンとして注目を浴びるシミズコウヘイが詞曲を手掛けたキラキラのラブソング。これまでカラスは真っ白のミュージックビデオ(MV)といえばアニメーションが主流だったが、直球で「愛」と「恋」を投げ込んだこの曲は、ストーリー仕立ての実写ものとなっている。このMVを担ったのはアメリカ撮影のホラー映画『クソすばらしいこの世界』で頭角を現した朝倉加葉子監督。2人の才能がいかに「共創」しあい、ラブストーリーとホラーを軸に、ミュージカルも盛り込んだMVが完成を迎えたのか。その過程とともに、本人の日常などにも迫る。

NEXT 1 2 3 4 5 NEXT
カラスは真っ白「魔法陣より愛を込めて」MV

ストレートなラブソングを作りたかった(シミズコウヘイ)

img_001

—「魔法陣より愛を込めて」は80’sテイストのファンキーさが効いたキラキラのポップチューンですが、そのコンセプトや聴きどころはどこでしょうか。

シミズコウヘイ(以下、シミズ)

僕が作詞/作曲を手掛けたんですけど、作詞をしたのは人生で初めてでした。とにかくいい曲を作ろうと。それと、これまでのカラスは真っ白には足りないところがあるので、それを補おうと思って。

—その足りないところとは?

シミズ

ストレートなラブソングがなかったことです。でも、ステージに立つ人間として、「好き」という直接的な言葉で、しっかりと愛を伝えることが必要だと思うようになったんです。だから、「愛」「恋」「好き」という単語を歌詞に入れました。

朝倉加葉子(以下、朝倉)

私もこれまで聴いたカラスは真っ白の曲と違ってストレートな曲だなと思いました。しかもこの曲でミュージックビデオ(以下、MV)を作るのも意外でした。でも、ライブを拝見したらすごくエモーショナルだったんです。その時はこの曲は演奏されなかったんですけど、ライブでロマンチックに演奏されるところを想像したら合点がいきました。ストレートなラブソングという意味合いが腑に落ちたんです。MVを作るにあたっての答えが見えましたね。

シミズ

—お二人は今回のMVの場が初対面だったんですか。

朝倉

はい。その時に「初めてのストレートなラブソングを今のタイミングで出したい」ということを聞きましたね。

—シミズさんと会った時の印象は?

朝倉

非常に明晰でまっすぐで話しやすい方だなって。何を質問してもしっかり返してくれるので、すごくやる気がでました。

—シミズさんは何故、朝倉さんにお願いしようと思ったんですか。

シミズ

これまでのMVはアニメーションが多かったんですけど、ここまでストレートなラブソングを書いたんだから実写で勝負してみようと。実写自体が挑戦なので、普通のことはしたくなかったんです。

—そこでホラー映画というテイストを入れることにしようと。

シミズ

ちょうど池袋で「春のドロドロオールナイト」というホラー映画の上映企画を見た頃で「やっぱりホラーでしょ!」という気持ちになっていたんです。そこからドラマの『怪談新耳袋 百物語』の「空き家」を撮った朝倉さんにお願いしようという話になっていって。

—ホラー映画のテイストは様々ですが、何故朝倉さんだと思ったんですか。

シミズ

「空き家」の絶妙な恐怖心が好きだったし、朝倉さんはゆるめるモ!さんやRADWIMPSさんともお仕事をされていたので、話を聞いてもらいやすそうだと思ったんです。

—女性のホラー映画監督という朝倉さんにお会いしていかがでした?

シミズ

すごく綺麗な方で、でも、すごく変態で、“あ、どうしよう…”って(笑)。

朝倉

ええー(笑)。

シミズ

あ、これは褒め言葉ですよ。話していると、頭のなかの世界に入って、すごく集中しながら考えごとをしているような印象でした。

朝倉

変態は衝撃的……。覚えてないけどそんな感じでしたっけ……。あらためたい気持ちでいっぱいです(笑)。

NEXT 1 2 3 4 5 NEXT

RECOMMEND