2018.01.30

イラストレーターが彩る、本と食べ物の世界

Minoru(イラストレーター)

これまで装画(本の表紙等で起用されているイラスト)を中心に、CDジャケットや商業施設のポスター等のイラストを数多く手掛けてきた、イラストレーターのMinoru。彼女の描く作品の数々は和風なテイストを擁し、平面ながらとても奥行きを感じさせるものばかりだ。
仕事上、上述のテイストが好まれ、実際の制作リクエストにも多い彼女だが、今回、LUCKAND-Gallery Cafe&Bar-にて、2/6〜2/18まで開かれる『Minoru作品展「はちみつ峠の食卓」』では、自身が今後力を入れていきたいと所望していた「食べ物」にまつわるイラストの新作が多数展示される。Minoruの描くファンタジーさも交えた、ほっこりする温かいタッチの食べ物のイラストと、そのどこかに彼女の生みだした妖怪「ちみ」が見え隠れしている画図は想像するだけでも実に興味深い。
そんな彼女が、イラストレーターとしてのこれまで~現在~今後を、個展への意気込みも含め熱量たっぷりに語ってくれた。

「本屋さんに並んだ時に、どう目を惹かせられるかが装画の役割の一つ」

—4年ほど前より大阪から上京して生活をしてると伺いました。それには何かキッカケでもおありに?

Minoru

その頃から装画の仕事が増え、出版社の方とのやり取りが増えたんです。で、「もっとこのような仕事をやりたい!」と。だったら直接コミュニケーションがとれた方が仕事ももらえるんじゃないかって。「一度出てみて、1年ぐらいでダメだったら戻ってくればいいや」との軽い気持ちで上京しました。

—Minoruさんは、これまでに数多くの装画を手掛けてこられていますが、主にどんなジャンルの装画が多いですか?

Minoru

ライトミステリーや時代モノ、妖怪モノが多いです。先に本の内容を読ませていただき、内容を全て把握してから各々挑んでます。読み進めながら、絵やキャラクター、配置や構図を考えて……。やはり読まないと描けませんからね。特にストーリーモノは。でも私、この仕事をするまで活字を読むのが苦手だったんです(笑)。マンガはよく読んでましたが(笑)。

—どのようなマンガを主に好んで?

Minoru

『少年ジャンプ』等の少年漫画が好きでした。逆に少女マンガはほとんど通ってこなくて。当時は学校でもその辺りは友達とも話が合いませんでした(笑)。『HUNTER×HUNTER』や『蟲師』が好きで。なんか人じゃないものが絡んでくるのが好きなんでしょう。私の場合、妖怪が出てくるものや、ぼんやり曖昧な存在のものが出てくるのが好きなのかも。

—Minoruさんの絵には可愛い妖怪も登場しますが、何がキッカケで妖怪に入ったんですか?

Minoru

浮世絵の百鬼夜行的なものからかな……。鳥山石燕が色々と妖怪を描いている本があって。それが好きだったり。あとは畠中(恵)先生の『しゃばけ』シリーズの小説が好きだったことも大きいかも。これは母から薦められて読み始めたもので。

駒姫/武内涼・単行本カバー(新潮社)

—Minoruさんは装画の役割を、どのように捉えていますか?

Minoru

見た時のパッケージ的な役割が大きいのかなと。本屋さんに並んだ時に、どう目を惹かせられるかが装画の役割の一つでしょうから。内容とのリンク性も持たせなくてはならないし。ライトノベルだと表紙のキャラクター等で、自分の好みも加味して手に取ってもらえる部分も大きいですが、逆に文芸書になってくると、キャラクターを出しちゃうとネタバレしてしまう懸念があったり。文芸書の場合、読者に登場人物を想像してもらいたい狙いもありますからね。

—Minoruさんの絵には上手く遠近法が使われており、凄く奥行きを感じます。今の時代、前に浮き出させる手法はよく目にしますが、逆に奥行きや後方に向けての空間性を有した絵が印象深いです。

Minoru

「不思議な感じの奥行が出せたらいいな」と絵の構成をしています。立体的な絵の方は沢山おられますが、私はそれとは違った奥行感を出したくて。少しコラージュっぽい制作方法なんですが、それにより手前と奥が出せたらなと。実は私の中では、平面でその辺りの感覚を表すのに、深いこだわりを持ってますね。

—他に自分なりのこだわりや信念等はありますか?

Minoru

感覚で絵を描くってところかな。模様にしても、一度当てはめてみて、違ったら次の模様に差し替えたり。そんな当てはめゲームみたいなものが好きで。「どんな組み合わせが最もしっくりくるか?」それを楽しんでやってます。なので、考えて計算して構成しているよりは、感覚で並べている感じで絵を描いてます。

<NEXT>「今回の個展は食べたくなりつつ、写実的になりすぎない。その辺りに気をつけて描いた絵ばかり」

 

RECOMMEND