2017.06.16

目指しているものは、シンプルかつ上質なもの

Cozy(Laika Came Back)

ギターと必要最小限の機材のみで作り出すバンドサウンドとナチュラルで温かみ溢れる陽だまりのような歌が特徴的なCozy(元AIR)のソロプロジェクト、Laika Came Back(以下 : LCB)。極めて身近に感じながらも、聴き手をここではないどこかへと誘ってくれるその音楽性も印象的だ。
作品も歌もグッズ類や生き方までも、彼から届けられるプロダクツは一貫してシンプルで上質。彼の中での最大級の追及やこだわり、ユーザーへの愛情が込められているものばかりだ。
活動発表から7年。制作してきた数々のグッズを前に、彼のモノづくりの考え方や目標を、音楽性も交えて紐解いた。

NEXT 1 2 3 NEXT

とにかくまず念頭にあるのは「シンプルであること」(Cozy)

━Cozyさんの場合、自身でかなり練ってからグッズ制作に臨まれる印象があります。音楽制作、ライヴ、いずれのモノづくりにも何か共通した芯が垣間見えます。

Cozy

これはモノづくりに限らず、自身の生き方にも共通して言えることなのですが、とにかくまず「シンプルであること」「シンプルであるが故に、上質であること」ということが念頭にあります。大きく言うと僕の人生のテーマでもあります。何を作るにおいても、まずはこれがテーマとなります。

━そのテーマは、このLCBを始めて見つけたものですか?

Cozy

いえ、LCBを始める前から抱いていました。ただ、それを実践出来たのはLCBからですね。

━それは、これまで自分と他の方々との共同作業だったものが、一人で完結できるようになったのもとも関係が?

Cozy

そうですね。LCB以前はプロジェクトも大きかったので。ただ、大きくなればなるほど、いくら自分が中心にいたとしても、良くも悪くも色々なことを抱えるものです。いわゆる、「みんなが全体で良いと思える方向に進んでいこう」という形になります。そういったことを経て、LCBは自分がやってみたかったことや、思い描いていた活動スタンスを具現化したいと思いました。故に、もちろんスタッフもおりますが、基本的にはシンプルに、全部ひとりでやることにしました。

━実際に始めてみると、かなり大変だったのでは?

Cozy

大変な部分もありますが、自分の中では苦ではありません。裏方、いわゆるスタッフワークにも元々興味がありましたから。「表に立って音楽を発表することは辞め、スタッフワークにまわりたい」と考えていたこともあるぐらいです。なので、今はやりたかったことが両方出来ている状況です。

━いわゆるプレイングマネージャーですもんね。

Cozy

マイペースですが、自分自身でマネジメントをしながら表にも立つ。その分とても忙しいですが、とても楽しく、やりがいがあります。ですが、これも今の時代だからこそ実現できた部分も多々あると思います。

━具体的にいうと?

Cozy

きっと10年以上前だったらシステム的にも不可能だったと思います。今は個人でもCDが流通出来ますし、日本に留まらず世界中に楽曲が配信できる。チケットも電子チケットで個人へダイレクトに、しかも手数料も安く手続きできるし、マーチャンダイズを制作依頼する企業にしても、個人事業主にまで窓口を開いてくれたり、ECショップも自身で運営出来るわけです。個人でもとても活動がしやすい環境になってきています。

━Cozyさんはその先駆けだったイメージがあります。

Cozy

かもしれませんね。今は、音源は無料で配布しても良い、というような考え方すらあります。そこについては僕の考え方とは違いますが、それを補てんするものとして、どこでお金を生むかが大事になっています。それがライブであったり、マーチャンダイズでしょう。音楽のことだけを考えていたいという方には、今の時代、表に立って音楽活動をすることは厳しいかもしれません。色々なものを多角的にプロデュースして形作っていかなければならないからです。絶対的な信頼をおける、右腕となるような存在、マネージャーのような方がいたりすれば話は別ですが。

<NEXT>シンプルだからこそ、その必要最小限な形で一番最善なものとして表現する(Cozy)

NEXT 1 2 3 NEXT

RECOMMEND