2018.06.09

小菅くみ個展「NEO.手仕事」

小菅くみ(刺繍作家)

縫うことでモチーフを描きだす、刺繍作家の小菅くみ。元々は猫の刺繍がきっかけで広く認知されるようになり、2017年3月に京都で初の個展「吾輩のねこである」を成功させた。そんな小菅が刺繍するモチーフに変化を携え、東京での初個展を池ノ上駅至近に位置する「QUIET NOISE arts and break」にて開催した。会期2日目に訪れた当展示の様子をお届けするので、ぜひ残りの会期中に足を運んでみてほしい。

小菅くみ個展「NEO.手仕事」
■日時:2018年6月2日(土)〜6月17日(日)
■場所:QUIET NOISE arts and break

京王井の頭線は下北沢の隣駅となる東京、池ノ上。その下北沢の逆隣駅となる新代田と同じように、近年下北沢とは違ってゆったりと食や音楽、アートなどのカルチャーに触れることのできるスポットが増えてきているようだ。2016年にオープンした「QUIET NOISE arts and break」もその一つ。池ノ上駅のホームから目と鼻の先の、線路沿いに佇むギャラリーだ。そんなカジュアルな立地に加え、ギャラリースペースの奥には本格的なコーヒースタンドと、セレクトされた焼き菓子が並んでおり、アートと日常を融合させるような形態を取っている。

一方、QUIET NOISEがキュレートする展示では、そういった日常に刺激の強いスパイスをふりかけてくれるようなエッジの効いたアートや、洗練された作品を鑑賞することができる。現在開催されている刺繍作家、小菅くみによる個展もその一つだ。当展示のキュレーターであり、QUIET NOISEのディレクターでもある井上竜介氏が、

男性の私からすると刺繍はどこか女性達のモノであり、衣類などに使われる装飾物だと考えていた。
昔からそれ以外にも表現として確立していたのかもしれないが、近年になって私はこの「縫って描く」という刺繍が絵画的な表現も成し得ているのだなと気がついた。

とコメントするように、「刺繍」という日常性を、自らの表現手法としてアートに昇華させている展示だ。

小菅は、母親が家庭科の教員をしていたこともあって、小さい頃から刺繍に親しみ、大学生の頃には着たい服がないから、と自ら着る服を縫っていたという。その後、動物好きだったことから猫の刺繍を始め、それをきっかけに刺繍作家という道を歩み始める。猫への偏愛を発信するプロジェクト&クリエイター集団「Cat’s ISSUE」の発起メンバーとして関わることで、周囲からも刺繍作家として認知されるようになってきた。京都ではそんな猫の刺繍で個展を成功させるも、今回東京における初の個展では、モチーフをがらっと変えて挑戦することとなった。

モチーフを変えたきっかけに関して、取材日であった6月3日(日)に開催されていたトークショーで、小菅本人が以下のように語る。トークショーは旧知の友人である、ライターの三宅正一氏を対談相手として行われた。

「それこそ(今回の対談相手である)三宅氏に、猫ばっかり縫っていてもおもしろくないし、他のものも縫わないの?と言われました(笑)。実際やってみたらいろんな人から褒められたりして、ポジティブな反応や意見が様々あって、そこから、敬愛する人やキャラクターを縫うようになりました」

ただ、自身がどこかかっこいいと感じる部分がない人でないとなかなか縫えないらしく、以前出版社からの依頼で、ある女芸人やある俳優を縫ってほしいと言われたときにはどうしても手が進まなかったという。これはまさしく、「刺繍」を自身の芸術的表現手法とすることの現れであるといえるのではないだろうか。

今回の展示ではフライトジャケットやスニーカーに刺繍された作品もあり、自身の今後については「誰かが一生着ることのできるような洋服を縫いたい」と語る。刺繍という表現と、今まさに変化を遂げていく刺繍作家の歩みを、ぜひ目にしてほしい。展示は6月17日(日)までで、土日のみの営業となっている。

TEXT&PHOTO:LUCKAND

<小菅くみ>

東京生まれ 日本大学芸術学部写真学科卒
刺繍ブラント「EHEHE」の刺繍を中心とした作品を製作している。ほぼ日では「感じるジャム」「おらがジャムりんご」のレシピ開発も手掛ける。
2017.3 初個展「吾輩のねこである」(京都 誠光社)、その他グループ店多数に参加。
http://ehehenokoto.tumblr.com
https://www.instagram.com/kumikosuge/

<展示情報>

小菅くみ 個展「NEO.手仕事」
■日時:2018年6月2日(土)〜6月17日(日)
■時間:土日祝 11:00-20:00 (※平日アポイント制)
■場所:QUIET NOISE arts and break
http://www.quietnoise.jp/
東京都世田谷区代沢2-45-2 1F(京王井の頭線池ノ上駅北口より徒歩1分)

RECOMMEND

記事はありませんでした