2017.03.30

GIRL Tシャツ制作ドキュメンタリー

菅沼ゆり(モデル)

2017年2月18日、東京・豊洲PITにて『チュートリアルの徳ダネ福キタル♪SPECIAL LIVE vol.4』が開催された。このイベント限定の『GIRL Tシャツ』のプロデュースを任されたのは、MCを務めるモデルの菅沼ゆり。会場でもひときわ目立ったこのロックテイストなTシャツが、一体どうやって生まれたのか。プロセスに密着した。

打ち合わせ

ーイベントが2ヶ月後に迫った2016年12月中旬。LUCKAND編集部は、彼女のプロデュースTシャツの制作工程を取材するべく、カメラマンと共に同席させてもらった。打ち合わせが始まると、彼女は紙とペン、携帯電話を取り出し、アイディアをMD(マーチャンダイザー:進行管理・制作責任者)に伝え始めた。

菅沼

おおまかなイメージは(携帯を見せながら)こんな感じなんです。

菅沼

Tシャツは黒か白かな…。プリントはネオン系のブルーやピンクを使いたいです。

MD

わかりました。カラーはデザインが固まってきたら、それに合う色合いでバリエーションを出していきます。まだモチーフが明確にならないので、Tシャツのボディも決めながら考えていきましょう。

ーMDが用意した数種のTシャツを、彼女が剪定していく。Tシャツはボディによって使えるカラーや生地の厚み、手触りも異なってくるため、イメージに合うボディを探すのも一苦労だ。

菅沼

女性にもダボっと着て欲しいので、大きめのサイズがほしいんです。薄すぎない生地がいいですね。

MD

そうですね。XLサイズがあって、生地やや厚めのものにしましょう。あとは、どんなデザインを落とし込んでいくかですね。

菅沼

う〜ん。やりたいことはたくさんあるんですよね…。

ー表現したいことが溢れているようで、モチーフがなかなか固まらない。そんな中、空気を感じとったMDが、彼女の一言を拾った。

菅沼

デザインは、「実写」を粗く、デフォルメしたロックテイストにしたくて、こんな感じかなあ…。

MD

「実写」「ロックテイスト」……ちなみに、菅沼さんが被写体になる、というのはどうですか?

菅沼

ええ〜ホントですか?でもそれ、おもしろそうですね!

MD

ちょうど今、カメラマンがいるので、撮影してみましょう!

ー急きょ、取材カメラマンが撮影を任されることになった。


突然のモデル撮影


ー別室でモデル撮影を敢行。さすが本業ということもあり、短い時間で様々なバリエーションのポージング、表情を見せてくれた。

ー最終的に決まったカット。これにグラフィックデザイナーが手を加え、彼女のイメージにあった「ロックテイスト」へと近づけていく。


デザインブラッシュアップ


ー約1ヶ月かけ、彼女のこだわりとアイディアを少しずつデザインに落とし込んでいく。Tシャツのデザインが決定したあとに、実物のサンプルを制作。彼女の最終チェックを経て、Tシャツが完成した。


イベント当日

ー会場は大勢の人で賑わい、限定の『GIRL Tシャツ』も好調に売れていった。その裏で彼女もTシャツに袖を通し、スタンバイしている。実は、この時まだ彼女がプロデュースを行い、モデルになったという情報は伏せられていた。

菅沼

ドキドキしますけど、これからステージ上で発表してきます!みんなの反応が楽しみです。行ってきます!

ーそう言葉を残し、彼女はステージに向かった。

ーイベント中盤。彼女は一緒にMCを務めるチュートリアルとステージに登場した。

菅沼

みなさーん!今回MCを務める菅沼ゆりです!

チュートリアル・福田

何か発表があるんでしょ?

菅沼

そうなんです!今着ているこの『GIRL Tシャツ』、実は私がプロデュースさせてもらったんです!そしてデザインのモチーフも私なんです!

フロア

え〜〜!
うそ!
すごーい!

ーフロアは驚きと同時に歓喜に包まれた。その勢いを保ったまま、彼女は軽快にMCを行い、イベントのクライマックスへつなげていった。


ー終演後、制作スタッフに送るTシャツにサインを書きながら、彼女は話し始めた。

菅沼

皆さんが私のワガママをカタチにしてくださって、このTシャツができました。とても感謝しています。自身が被写体になったグッズは初めてです!今後もいろんなグッズにトライしたくなりました。

ー「モデル」菅沼ゆりがプロデュースするTシャツに興味があって密着取材を試みたが、予想ができないプロセスを垣間見ることができた。彼女から発されるアイディア、それをキャッチするクリエイターたち。人と人が共創することで想定外のカタチが出来上がっていく。だからこそモノづくりは面白い、と改めて実感した瞬間であった。

TEXT:LUCKAND
PHOTO:川村優人

<菅沼ゆり>

豊かなファッションセンス持ち、様々な雑誌でとりあげられているモデル。
「ゆりっぱ」の愛称で親しまれ同世代の女子から絶大な支持を集めている。メイクの技術も非常に高く、コスメの開発に携わるなど幅広く活動中。 最近ではモデルの枠を越え、TVやMV出演など、マルチな才能を発揮している。スペースシャワーTV『チュートリアルの徳ダネ福キタル』ではアシスタントVJを務めている。
公式ホームページ

LINE BLOG
Twitter
Instagram

<TV>
チュートリアルの徳ダネ福キタル♪ SPECIAL LIVE Vol.4
■初回放送 : 3月31日(金)22:00~23:30
■リピート放送 : 4月6日(木)22:30~、4月8日(土)19:00~

チュートリアルの徳ダネ福キタル♪SPECIAL LIVE Vol.4
【日時】 2017年2月18日(土)
【会場】 東京都 豊洲PIT
【出演】 KANA-BOON、SKY-HI、フレデリック、Mrs. GREEN APPLE、鴬谷フィルハーモニー 他
【MC】 チュートリアル、菅沼ゆり

J:COMでの試聴はこちら
スカパー!での視聴はこちら
ひかりTVでの視聴はこちら
ケーブルテレビでの視聴はこちら
ブロードバンドの視聴はこちら

<STAGE>
菅沼ゆり舞台初出演
第5回 SANETTY Produce 「負け犬の遠吠え」も「合唱」になれば「世界の何か」を変えられる? 『都落ちコンダクターの一振』
2017年5月24日(水)~29日(月)

−先ほどまで堪え難かった少女たちの声が次の瞬間 天使が作り出した「音」に思えた−
第5回 SANETTY Produceは音楽業界を追放された負け犬コンダクターが指揮するヤンキー少女たちのアクション合唱スペクタクル!
詳しくはこちら

【チケット取扱い】
amipro/CNプレイガイド
インターネット予約http://www.cnplayguide.com/amitike/:
電話予約:0570-08-9999(10:00~18:00)

【お問い合わせ】
SANETTY Produce
mailto:sanetty@hotmail.com

RECOMMEND