2017.03.23

音と絵の相関

青木昭信(Rega) x 木暮栄一(the band apart)

意外と知られていないが、ミュージシャンで絵も描く存在は、実は多い。インストバンドRegaのベーシスト、青木昭信はバンドのCDジャケットのみならず、作品も描き、個展も開催するほど、音楽以外のアウトプットとして絵画に向き合っている。一方、the band apartのドラマー、木暮栄一は、結成当初のスケーターやパンクカルチャーからくるD.I.Y.精神に影響を受け、アメリカのバンドと同じようにメンバーがアートワークを手がけることはごく自然だったという。アートに対して似て非なるスタンスを持つミュージシャンの彼らに、音楽とそれ以外の表現の関係性、両方の創作を続ける意味を訊いた。

PREV 1 2 PREV

音楽と絵を描く、デザインすることは不可分だし、人任せにせず、バンド運営をソリッドにしていくことは必要だと思う。(木暮)

音楽も絵もより楽しむ方向に身を投じる為に、修行のように毎日絵を描いている部分がある。(青木)

—ところで青木さんの場合、毎日絵を描くことはほぼ習慣ですか?

青木

今の絵に関してはそうですね。何か展示する予定があるからそれに合わせてやってるわけではなくて。一個今年の目標というか(笑)、年末ぐらいって、いつも憂鬱になりません?

木暮

年末?ワクワクするかな。

青木

ほんまですか?年末、なんか粗探しみたいになるじゃないですか。この1年、これもっとできてれば、みたいな(笑)。で、それは去年末はあったんで、今年は手を抜かない一年っていうのをなるべく心がけて、一日一日をどんだけやれるか?みたいのを続けていったら今年の年末どういう気持ちになるかな?っていうので。

木暮

”今年は結構俺、やったかな”みたいな?

青木

そうですね。粗はあると思うんですけど、何か結果は一つ出てるような気がする。

—モチベーションの実証実験みたいなものですね。

青木

そうですね。自分の絵を描きたい気持ちみたいなのをそこで出しとかないと、音楽を作ることとちゃんと分けるためにはこっちのことはこっちでちゃんとやっとかないとっていう感じです。

—修行みたいに聞こえてきましたよ。

青木

や、修行でいいと思います。そういう部分がなかったんで、僕、人生で。なんか楽して生きてきたんで、そういう修行部分がないと反対のとこに振り切れないような気がして。

木暮

ああ、そうかも。バネが。

青木

反対側にあるものをより純粋に楽しむ状況、音楽とか絵とか楽しむ、そういうものに身を投じるために過酷な修行期を作ることによって作ってるんだと思います(笑)。

—今回のRegaの「Orange」のMVも拝見しましたけど、具体的に目的があってアートワークを作ることもあるじゃないですか。そういうときはコンセプトがあるんですか?

青木

このアルバムは前の曲を今のメンバーで再録したものが中心になってるんですけど。その話があった時に、以前のジャケットを切り刻んで新しいジャケットを作るっていうのは、もうアイデアとして思い浮かんで。”それをじゃあどういう見せ方をしよう?”っていう時に、”こういう見せ方をしよう”と。見てくれました?ミュージックビデオ。

木暮

今回のはほとんどコラージュで、アナログとデジタルの違いはあるんですけど、やってることはすごく似てるなと思いました。

青木

デジタルでやるんですか?

木暮

切るのは全部自分で切るんだけど、例えば上からこういう線をデジタルで描いて、そこをイラレで加工したりとか。画質自体を取り込んだ後に全く違うレイヤーで緑にしちゃったり。

青木

えー、すげえ。これ(MV)大変でした。タイムラプスで撮ってたんですけど、1時間かかって30秒ぐらいの映像なんですね。それを「Orange」って曲のぶんだけ素材を撮っとこうと思って、そしたら10時間ぐらいかかる。1時間撮ってチェックして1時間撮ってチェックして。で、その2時間でまだ1分とかじゃないですか(笑)。しかも初日に撮ったやつがボツになったんですよ(笑)。

木暮

自分でボツにしたってこと?

青木

なんか自分で納得したところに着地できなかったんです。

—テーマありきで描いてると思ってたので、やり直したのは意外です。

青木

最初は失敗しましたね。当時の音源にはないライヴ感をちゃんと収録しようっていうので今回再録したので、実際のジャケットを作る工程もライヴ感を出そうと思って、ぶっつけでやったら失敗したっていう(笑)。

木暮

でもコラージュがいいなと思うのは、俺、よく身近にある雑誌を適当に切っていって作るんだけど、ちょっとサンプリングと似ててさ、元が持ってた価値を切り貼りで全く違う感じにして、そこに良さがないとーーその良さっていうのも自分の中の感覚でしかないけど(笑)、”これは違う感じでかっこよくなったな”ってなった瞬間にすげえ面白いなといつも思って。だからボツにしたっていうのを今聞いて、すごいわかるなと。感覚的に”これはいい感じだな”っていうのに従って作っていってるんだけど、”なんか違うな…”としか言いようがないよね。

—これからバンド活動の中でも自分たちでマーチャンダイズやジャケットのアートワークをやろうとしてる人も多いですけど、勇気づけられると思います。

木暮

絶対やった方がいいです、自分たちで。

—今、木暮さんがそう思う根拠って?

木暮

やっぱり今はバンド運営を自分でしっかり考えて、よりソリッドにしていかないと、続けるのが難しい環境だから。しかもアメリカほどストリーミングの収入が入るような環境じゃないし、かと言ってCDがすげえ売れてるわけでもないし。だからライヴをメインにした時に、例えばマーチャンダイズのデザインも自分たちである程度把握してやっていかないといけないし。そこを人任せにして、その人とお金をシェアするやり方が今までの日本のアーティスト活動みたいな感じだったけど、それだとなかなか厳しいんじゃないかなと思います。逆に俺らがやれてんのは、早い段階でそこらへんをやってくれてた人と決別したというか、自分たちでやらざるを得なくなって、色々勉強をせざるを得なかったからーーこれはビジネス的な方ですけど、そういったこともありつつ自分でやってった方が、自分の新しい楽しさが見つかるというか。デザインをしたり、絵を描くということは音楽と不可分で、けっこう近い脳の領域を使ってると思うから、そういった充実感を得るためにも、人任せにしないでどんどんやった方がよくなっていくんじゃないかな?それは人生においてもそうだと思いますね。

INTERVIEW&TEXT:石角友香
PHOTO:垂水佳菜

<Rega>
Gt、Gt、Ba、Drによる4人編成、溢れ出る感情を剥き出しに表現する凄まじいライブ・パフォーマンスで、もはやインストゥルメンタルバンドの枠組みを超えて各地の音好きを魅了するロックバンド。そのサウンドは緻密に構成された楽曲ながらも、どこからか心地よいメロディーが湧いてきて、インストバンドらしからぬ、人間味のある暖かさを投げかける。
音と感情とオーディエンスと一体になって戯れるように遊び、時に人間の根源に潜む喜怒哀楽を剥き出しにする演奏で、これまで朝霧JAM、TAICOCLUB、RUSH BALL、SYNCHRONICITYなど数々のフェスに出演し、FUJI ROCK FESTIVALでは前夜祭のトリを務め会場を熱狂に包んだ。
また、眼鏡市場やTOYOTA VOXYのCM音楽に抜擢されるなど、各方面で注目が集まる。
■オフィシャルウェブサイト http://rega.jp

<RELEASE>
Rega 4th Full Album / “Rega”

■発売日 : 2017年1月25日
■品番 : WDSR-001
■価格 : ¥2,300 (+tax)
■レーベル : WORDS Recordings
■収録曲(全12曲)
1. mexico
2. endoor
3. Q
4. DOSEI
5. pingpong
6. Sunship
7. Dress
8. JOG
9. Orange
10. Wreck
11. VIP -O.N.O Remix- (THA BLUE HERB / STRUCT)
12. VIP ‒oma Remix- (REVITALIZED / STRUCT)
購入はこちら

<the band apart>
98年結成。2001年に大手インディーズメーカーから初のCDリリース。2004年にはメンバー自らが運営するasian gothic labelで独立。ロックに限らず、ヘヴィメタル、フュージョン、ソウル、ジャズ、ボサノヴァなど、多くのジャンルの音楽を独自に消化、吸収したサウンドが持ち味。これまでにシングル9枚、アルバム7枚、ミニアルバム1枚、LIVE DVD5本、PV集1枚をリリースしている。自身のTOURでは両国国技館や幕張メッセでのワンマン公演、日本武道館での企画も行う。さらに、レーベル所属のmock orangeとのアメリカ TOURや、フランス、台湾、タイでのLIVEを行う等、ワールドワイドに活動の幅を拡げ続けている。2016年からはthe band apart (naked)名義でアコースティック編成でのライブも積極的に行なっている。
■オフィシャルウェブサイト http://asiangothic.org/

<RELEASE>
the band apart (naked) / “Paper Planes e.p.”

■発売日 : 2017年2月2日
■品番 : asg-036
■価格 : ¥1,000 (+tax)
■レーベル : asian gothic label
■収録曲(全2曲)
1. Paper Planes(新曲)
2. Quake and Brook (acoustic)
購入はこちら

PREV 1 2 PREV

RECOMMEND