2017.08.14

独学を突き詰めた先のオリジナリティ

河野愛(イラストレーター)

本格的に活動を始めて今年で10年。現在は雑誌、広告、映像、WEB、CDジャケット等、幅広いアートワークに携わっている河野愛。モノクロで緻密な線画、いわゆる「細密画」と称される作風で人気の高いイラストレーターだ。細かい線画が織りなす緻密に描きこまれたその画風は、時として見る者に妙なリアリティやファンタジーを与えてくれ、その絵の続きの世界を想像させるものばかり。
そんな彼女が、この10年間に描いてきた作品の原画を一挙に展示する「河野愛 原画展『MY DRAWINGS』」を8月15日(火)~8月27日(日)にLUCKAND-Gallery Cafe&Bar-にて開催する。これまで作品としては色々なところで目にしてきた彼女の絵だったが、今回はこれまで間近ではけっして見ることの出来なかった貴重な原画の数々が展示される。彼女の肉筆感や繊細さがより伝わってくるそれらを、是非観に会場へ足を運んで欲しい。
そんな彼女に、イラストレーターとしての10年や彼女自身の絵について、そして今回の展示にまつわる貴重な話のあれこれを伺った。

NEXT 1 2 3 NEXT

「独学が故に自分の描きたいように描き、それが今の作風に結びついた」

—フリーランスになられて今年で10周年とのことですが、河野さんの場合、最初からフリーでやられてたんですか?

河野愛

最初は会社員をやりながらの二足のわらじでした。イラストレーター一本で生活できるようになったのは、それこそ7年前からですね。

—ちなみにその当時のお仕事は?

河野愛

広告の制作会社でした。将来イラストだけで食べて行こうとの決意があったので、専門学校を出てすぐ、そこに入りました。下積みや知識も得られるだろうとの目算もあって。おかげさまで、そこではデザインの考え方や入稿、印刷までの流れや、クライアント側からクリエーターへの発注の心得やノウハウ等を学ぶことが出来ました。

—発注側の気持ちも分かるのは、受注側からすると大きいのでは?

河野愛

大きかったですね。今でもクライアントさんからの依頼の際に、相手の気持ちにもなって考えるられるぶん、どのようにしたら相手の仕事がやりやすいのか? 相手が私に望んでいるものは? 等、その辺りの気持ちも汲み取っての仕事が出来るようになりましたからね。

—話がよりスムーズに進行している場面が浮かんできます。

河野愛

流れが分かっているぶん理解も速いんで、意思の疎通や擦り合わせはスムーズなところはあります。それもあり、現状はエージェントさん等も通さずに、基本、私が1人でやれているところもありますから。

—では、その広告制作会社を経て、すぐにフリーに?

河野愛

いや、その後にもう一社、システム系の会社に入りました。そこからは逆に、仕事は仕事、イラストの仕事はイラストの仕事と、完全に時間を区切って活動するようになりました。就業後、帰りにカフェ等に寄り、そこで閉店までイラストの仕事をする、といった具合に。そこでは主に、限られた時間の中で仕事を完了する、その時間の尊さや有効活用が学べました。

—河野さんの作風は、もの凄く緻密な線画ですが元々そのような作風だったんですか?

河野愛

今に近い作風になって10年近くになります。線は描き進めていくうちに徐々に細かくなっていきました。紙に向かってペンで描くという行為自体が幼い頃から好きだったんです。昔から見たものをそのまま描くよりも、空想の世界や自分の中で秘めているものを描きたい願望もあって。実は私、キチンとしたデッサンの勉強とかしてこなかったんです。

—意外です。では、専門学校時代の専攻は絵画等ではなかったんですね?

河野愛

コンピュータグラフィックスでした。なので絵はほぼ独学で。だけど、今となってはそれが良かったのかなと。パース等も気にせず、自分の描きたいように描いてこれましたからね。それが今の空想の世界と現実との融合みたいな作風に結びついたところもあったでしょうし。普通は絵を描くとなったら、最初にアタリを描くんでしょうが、私の場合、そのアタリを描かず、そのまま直に描き出してます。

—でも、それだと描いていて失敗する懸念も多々ありそうな…。

河野愛

私の場合、その失敗もありなんです。最初に虎を描こうと挑んで、結果、虎にならなくても全然良くて。例え最初に思い描いた絵に辿り着かなくても、結果、私の絵になってさえいれば、それでいいんです。私の中では架空や空想もありなので。

—結果、架空の動物に落ち着いたり?

河野愛

そうそう。気ままに無意識に描き続けていたら、結果、羽をつけていたり、足がはえていたりすることもあったり。でも、それはそれでいいかなって。なので、当初思い描いていたものが最終的には全然違ったものになってたなんて、よくありますよ(笑)。

—ちなみに描いている最中は、どんなことを考えていますか?

河野愛

あまり何も考えてません。直感で描き始めて、描き進めていくうちに自然と変化して、結果、完成に落ち着いている感じです。もちろん、お仕事の作品の場合は、先方の指示に従って描いてますよ(笑)。

 

<NEXT>「この10年間変わらなかったことは、自分の持っている世界観を壊さずに絵を描き続けることが出来たこと」

 

NEXT 1 2 3 NEXT

RECOMMEND