2018.05.02

ストーリーが紡ぐアートワークと音楽の親和

小磯竜也(画家、アートディレクター)x 永原真夏(ミュージシャン)

NYLON JAPANにて木村カエラ連載のアートディレクション、Yogee New WavesのツアーTシャツ、永原真夏や大比良瑞希らのCDジャケットを手掛けるなど、様々な媒体でビジュアル制作を行う小磯竜也。今回、共に仕事をしたSEBASTIAN Xのボーカルであり、ピアノユニット音沙汰、更に2015年よりソロ活動を始動したアーティスト・永原真夏との対談により、出会いや互いの印象、そして共にモノづくりをする立場として、どのように永原のアートワーク制作を進めていったのかを伺ってみた。更に小磯が自身の絵画を使ってデザインしたポスター・CDジャケットなどの印刷物を原画と並べて展示する作品展「Printed by the Soul」についても語ってもらった。

PREV 1 2 3 PREV

「デザインはメッセージを伝える道具だとは思っていないんです」(小磯)

小磯竜也作品展「Printed by the Soul」メインビジュアル

ー5月2日(水)からスタートする小磯さんの個展「Printed by the Soul」について教えて下さい。

小磯

今回は印刷物となった完成品と元の原画を一緒にお見せします。一緒に並べることってあまり機会がないじゃないですか。

永原

確かに。

小磯

僕は画家とデザイナーの人格を区切って作業しているし、デザインされた完成系の元となった原画を見せることはない。『GREAT HUNGRY』の原画も結構大きめのキャンバスに描いているんですよ。僕はずっとフリーなのでデザイン会社で先輩から教わるのではなく、世界中にいるデザイナーの先輩たちの作品を調べたりして得るものから、何が格好良いと思えるかを学んできました。それは効率的に仕事を進めることとは違うと思うんです。印刷物の世界って、DTP(※デスクトップパブリッシング……パソコンでデータを作成し、実際に印刷物を作成すること)で完結出来るようになる前は、みんな分業だったんですよね。それが今は一人で全て出来るようになった。行程はすごく楽になったけど、根本の<その人が何を格好良いと思っているか>という部分はコンピューターで効率化されないので、そういうことを中山泰さんのような先輩方から学んだし、作業自体を効率的にやる必要はないと思っているんです。だから『GREAT HUNGRY』の原画もわざわざ大きいキャンバスに描いているし。でも大きい絵を小さいサイズに印刷した時の格好良さというのがあるんですよね。原寸で描いたのと全然違う。

永原

うんうん。

小磯

その回りくどい作業を見てもらえたらと思います。

永原

小磯さんの作品は見て楽しいし面白い! シンプルですがそう思うんです。多分、美術や芸術に興味がない人でも、好きか嫌いか言えると思うんです。例えば「これ、超可愛い!」とか「この絵のお相撲さんがキモいから無理」とか(笑)。

小磯

一番嬉しいことを言って頂きました。

永原

良かった(笑)。ただ、私も小磯さんから行程の話を訊くと、そういえば今は原画自体ないことが多いんじゃないかということに気づいたんです。そう思うと行程にあるものを見られるのは面白いんじゃないかな。感覚的に楽しめることに加えて、理解を深めると行程を知る楽しみにも繋がると思います。

ー永原さんの活動についてもお伺いしたいのですが、現在ソロとしてツアー中で、更にSEBASTIAN Xも昨年から活動再開されていますよね。

永原

SEBASTIAN Xは4人でひとつ……、だけど、なかなかひとつになれないところが面白いんですね(笑)。4人それぞれ全く違う個性があり、今年で活動10周年を迎えることが出来ました。でも人生で一番の大喧嘩は活動休止の時でしたね。決定的な別離というより、大喧嘩。だから仲直りすることもあって。人間が4人集まって嘘がない状態でいることはとっても難しいことなので止まることも必要だったと思うんです。

ーSEBASTIAN Xでは永原さんがグッズ担当ですが、ソロでもそのスタンスは変わりませんか?

永原

はい。ソロでもグッズは自分で考えています。そういう中で共通しているのは、あまりショット(単発)でお願いしないことです。せっかく自分がアーティストとして物を作っていくのなら人生が交差しないと面白くないと思うんです。勿論ショットで頂く楽しいお仕事もあるけど、人間関係に閃きがあって何かを作っていくというのは全く違う良さがあるので、そういう部分は大切に考えています。そこさえあれば、誰が作っても良いし、何よりお客さんが喜んでくれたら最高です。

ーお二人の今後の活動を教えてください。

永原

まずは今、『GREAT HUNGRY』のツアーを最後まで一生懸命やり、小磯さんも出店してくださる5月30日のファイナルを最高の形で迎えたいです。それとSEBASTIAN Xが10周年なので、後半はちょっと動こうと計画中です。

小磯

僕は、個展の後はあまり具体的な予定はないんですが、あまり説明的ではない仕事をどんどんやっていきたいですね。先程真夏さんが言ってくれた、感覚的に面白いと思うことはとても大切なので、あまりビジュアルでメッセージを伝えたいという気持ちがない……というか、デザインはメッセージを伝える道具だとは思っていないんです。単純に色と色の組み合わせが格好良いとか。そういう感覚って結構音と似ているじゃないですか。ドラムのリズムが気持ち良いとか。そういうことをずっと続けたいですね。

ー未来のクリエイターに対してメッセージをお願いします。

小磯

現役の美大生や美大を卒業したばかりの人、美大を目指している高校生など年齢の離れた知り合いが結構いるんですが、そういう子たちは未来のクリエイターじゃないですか。僕は会社に勤めているわけではないので、年齢で上下はないと考えています。今の高校生が10年後に作った作品を見てすごい影響を受けるかもしれないし、そういう子は未来、僕のライバルや友達になっているかもしれない。だから一緒に頑張っていければ良いと思います。

永原

やはり楽しいのが一番だと思うんです。大変なことも多いと思うのですが、楽しくなくては続かないし、逆に私も楽しいことを沢山教えて欲しいです。

小磯竜也 愛用品

iPod

最初は携帯に音楽を入れていたのですが、写真も入れているため容量的に入り切らなくなった為、音楽を聴く為だけに中古で購入しました。Otis Redding、The Band、大滝詠一、高田渡など曲数は自分でも覚えていないくらい入っていますが、最近はPaul Simonをずっと聴いています。

永原真夏 愛用品

FUJIFILM ミラーレス一眼 X-E1

元々使用していたRICOHのGRが壊れたため、父親からの借り物。FUJIFILMのカメラは初めて使用していますがクセがなく使いやすいです。このカメラで友達や、自分が買ったものなどを撮っています。出かける時は大抵持ち歩いています。

INTERVIEW&TEXT:秋山雅美
PHOTO:Kana Tarumi

小磯竜也

アートディレクター、作家。1989年、群馬県館林市生まれ。東京都在住。
2013年に東京藝術大学を卒業後、フリーのアートディレクターとして活動を始める。広告物や書籍、服飾や音楽関連のアートワークなどのデザイン及び制作を手掛ける。絵画やインスタレーション作品も多数。
熱海のショップ「論LONESOME寒」の店舗プロデュースも行う。
http://www.littlebeach.net

小磯竜也作品展「Printed by the Soul」

NYLON JAPANにて木村カエラ連載のアートディレクション、Yogee New WavesのツアーTシャツ、永原真夏や大比良瑞希らのCDジャケットを手掛けるなど、様々な媒体でビジュアル制作を行う小磯竜也。そんな小磯が描く絵画と、その絵画を使って自身がデザインしたポスター・CDジャケットなどの印刷物を並べて展示する「Printed by the Soul」を開催する。作家として作品を描き、それを自身でデザイン、アートディレクションするなど、ビジュアル制作の最初から最後までを一人で完結させることの多い小磯ならではの展示となっている。

■展示:2018年5月2日(水)〜2018年5月13日(日)
OPEN : 11:30 – 21:30(21:00 L.O.) *日祝11:30 – 20:30 (20:00 L.O.)
CLOSE : 5月7日(月)
*入場無料(ワンオーダー制)
http://place.luckand.jp/exhibition/20180502/

永原真夏

2015年7月よりソロ活動を始動。ライブは「永原真夏+SUPER GOOD BAND」名義で活動中。SEBASTIAN Xのボーカル、ピアノユニット音沙汰など、様々な形で活動中。
好きなことは食べることと寝ること。好きな食べ物はスイカとセロリ。
天真爛漫なキャラクターとパワフルな歌声とライブパフォーマンスが特徴。楽曲提供、作詞など作家活動もしており、音源と共に不定期でZINEを発行など、精力的に活動している。
https://www.manatsunagahara.com

1st Full Album 「GREAT HUNGRY」

2018年3月7日(水) Release
DDCB-14058
¥2315(+tax)
購入はこちら

[CD収録曲]
01. ダンサー・イン・ザ・ポエトリー
02. 僕の怒り 君の光
03. あそんでいきよう
04. オーロラの国
05. HAPPY GO LUCKY
06. うさぎ春日
07. 原チャリで荒野を行くのだ
08. Quatz Waltz
09. FIRE
10. フォルテシモ
11. SUPER GOOD

LIVE

永原真夏 1st Full Album 「GREAT HUNGRY」リリースツアー「まなっちゃんの GREAT HUNGRY TOUR 2018」

2018年5月16日(水)名古屋TOKUZO
出演:永原真夏+SUPER GOOD BAND / モーモールルギャバン / The キャンプ

2018年5月17日(木)大阪PANGEA
前説 アイアムアイ
出店:otonacium / 小磯竜也

「まなっちゃんのGREAT HUNGRY TOUR 2018」ツアーファイナル!
2018年5月30日(水) 東京 渋谷WWW
出演:永原真夏+SUPER GOOD BAND(ワンマン)
出店:otonacium / 小磯竜也

PREV 1 2 3 PREV

RECOMMEND