2017.11.16

イラストレーターから芸術家への過渡期

福井伸実(恋する絵描き)× 笛田サオリ(さめざめ:ミュージシャン)

 ゲスの極み乙女。、アルカラ、さめざめ等、これまで幾つものミュージシャンのアートワークに携わってきた「恋する絵描き」こと福井伸実。彼女の描く絵は独特の配色や色使い、表情や水彩感を含め肖像物の心の言葉を観るものに察しさせる。
 そんな彼女が2017年11月14日~26日に、原画展「また日の目を見る」をLUCKAND-Gallery Cafe&Bar-にて開催する。これまでに彼女が手がけてきたアートワーク原画の展示に加え、それらを今現在の彼女が自身のルーツでもある油彩で描いた新作も加えられる。「イラストレーターから芸術家への過渡期」を自覚する彼女の過去、現在、そしてこれからが存分に伺えそうだ。
 今回そんな彼女を、長い間共にモノづくりをしてきたアーティストとの対談により、掘り下げて紹介する。お相手は福井を世に知らしめたとも言えるミュージシャン・さめざめの笛田サオリだ。長年親交も深く、ユニット「ぜんぶ夢みたい、私ここにいるのに」としても活動中の両者。共に女性を主なモチーフに、その主人公の伝えられない胸の内や叫びを絵や歌を通じ、「この私の気持ち分かってよ!」と言わんばかりの作風を始め、互いの発信メソッドは異なれど共通項も多い。
互いに高め合い、幾つかの変革期を乗り越えてきた両者が故に語れる内心を数多く訊くことが出来た。

PREV 1 2 3 4 PREV

「イラストレーターだけでなく、「福井伸実」という1人の芸術家として認められたい」(福井)

—11月14日からは福井さんの原画展「また日の目を見る」が始まりますね。

福井

絵とイラスト、その両方が存在するものになります。今回タイミング的にもいい時期にお話しをいただいて。原画展はいつかやりたかったんですが、今年に入ってまた油絵を描くようになって、今は更に絵を描いていきたいモードなんです。今後は肩書きもイラストレーターから芸術家に移行していきたくて。そんな変革期でもあるので、その変化の過渡期が伺える展示になりそうです。

—油絵でのリメイクにも期待は高まります。

福井

初めて描いた時から時間が経ち、今の私がそれをどう描くのか……。ただの二次創作にはしないし、逆に全く違うものでもないし……。そのいいバランスを表現できるかがポイントですね。

—笛田さんは今回の個展にどのような期待を?

笛田

私は彼女の原画が大好きなので、見たことのない原画も含め、これまでの作品の原画が生で観れるのが楽しみです。原画を観たら絶対に更にのんちゃんの絵が好きになるでしょうね。それぐらい実物は凄いので、みなさんにも是非生で観てもらいたいです。

「また日の目を見る」メインビジュアル

—今後のお二人のビジョンを、お聞かせ下さい。

笛田

私の方は、ライヴは12月以降お休みしますが人前で歌わないだけで、さめざめとして楽曲制作もするし、文筆業やアクセサリー作家等を継続していくので、変わらなくせわしい日々が続いていくのではないかと。今後も私が特化している女の子の為ということ、女の子が身につけたいもの、読みたいもの、聴きたいものの提供は継続していきます。のんちゃんともクリエイター同士で何か一緒にやることも増えるでしょうから、そこも楽しみです。

福井

私の方は、イラストレーターや「何々の絵を描いている福井伸実」ではなく、「福井伸実」という1人の芸術家として認められたいので、そこを目指した活動に移っていきます。絵を続けていく覚悟がここ数年でようやく出来たので、人生に沿って私が変化していけば絵も変化していくけど、絵を描くこと自体はずっと辞めずにやっていきます。

—最後に未来のクリエイターにメッセージをお願いします。

笛田

たった一つでも自分の揺るぎない何かを見つけられたら無敵です。だけど、それを見つけることが大変で。それでも見つけて掴むことが出来れば未来は明るいです。例えそれがお金にならなかったとしても自分のやりたいことは最強ですから。

福井

全能感(自分は何でも出来ると信じられる力)と初期衝動と愛を持って進んで行って下さい。そうすればおのずと道は開けていくと思います。

 
 

福井伸実 愛用品

パレット

水彩絵の具のパレットなんですが、私の場合、最初からチューブから出しておくんです。そうすれば水をつけただけで塗れるので。その時その時の水の分量で絵の具合や色、ムラも変わってくるんですが、それが面白いところでもあって。私の絵は偶然性をかなり大切にしてたりするので。

キューブ型パレット ホルペイン製

これは昔から使っているもので。基は野外でスケッチ用で使われることも多いようですが、私の場合は主にライヴペイントの際に使ってます。水をつけただけですぐ塗れるのと、色もいろいろと変えられるし、増やしていけるのが特徴です。マグネットなので逆さにしても落ちないし(笑)。

スケッチブック ケント紙

これを基に、そこにジャケットサイズの罫線を引いて、その中で描いたりしています。ずっとケント紙なんです。他の水採用紙だとスキャンする際に必要ない紙の材質のエンボスが出ちゃう場合があって。ところがこのケント紙はそれがなく白いままなので、発色の良さも含め、ずっと愛用してますね。

さめざめ 愛用品

五線譜ノート

浮かんできた曲をこれに書き留めます。私の場合は音符ではなくコードをここに書き込みます。最初にボイスレコーダーでメロディを録って、それをコードに置き変えて、この五線譜に描いていく流れです。

クリアファイル

スタジオで譜面を沢山使うので、クリアファイルを頻繁に使います。これは最近作ったのんちゃんの絵が入ったクリアファイルで。さめざめの曲の「悲劇のヒロイン症候群」の歌詞を吹き出しにした漫画調のイラストにしてもらいました。私の好きな魚喃キリコっぽくのんちゃんが描いてくれました。

INTERVIEW&TEXT:LUCKAND
PHOTO:Kana Tarumi

<福井伸実>
逆子の未熟児生まれ。ギリギリ北海道生まれの東京都育ちで吉祥寺在住。武蔵野美術大学 造形学部油絵学科油絵専攻卒業。恋する絵描き。ゲスの極み乙女。、アルカラ、さめざめなど音楽系アーティストのCDジャケットやアートワークデザインをはじめ、ノベルティやライブツアーのグッズ、ポスターなどのイラストからデザインを制作。一方でイラストだけではなく、油絵やアクリルによる自身の作品を創作し、これまでに度々個展を開催している。また、トークやライブペイントのイベント開催など多岐に渡った活動を続けている。
http://fukuinobumi.jp/

<さめざめ>
笛田サオリによるソロプロジェクト。音楽家、文筆家、アクセサリー作家。女性が心のなかに隠し持っている気持ちを音楽や言葉で表現する。
http://samezame-official.com/

<福井伸実 原画展「また日の目を見る」>
これまで数々の音楽系アーティストのアートワークを手がけてきたイラストレーターとしての活動を続け、一方で2017年8月に開催された個展「いつかみた幻とくちづけ」では自身のルーツである油彩の作品を多く創作し、変革期を迎えている絵描き・福井伸実。本展ではゲスの極み乙女。、アルカラ、さめざめなどこれまで手がけたアートワーク原画を展示する。また、同時にそれらのアートワーク・イラストレーションを、油彩にて現在の福井伸実発信で再度描いた新作を展示する、新しい形の原画展。

■展示:2017年11月14日(火)〜2017年11月26日(日)
OPEN : 11:30 – 21:30(21:00 L.O.)*日祝11:30 – 20:30 (20:00 L.O.)
CLOSE : 11月20日(月)
*入場無料(ワンオーダー制)

LUCKAND-Gallery Cafe&Bar-オフィシャルサイト詳細

<LUCKAND x 福井伸実 共創プロダクト>
展示会場及び、LUCKAND Online Shopにて発売中

PREV 1 2 3 4 PREV

RECOMMEND