2017.11.06

バトンを繋ぐ者たち

THE NOVEMBERS 「Before Today」Tシャツ製版工場レポート

アーティストグッズがファンに届けられるまでには、多くの職人やクリエイターが関わっている。良質なプロダクトを作り続けるロックバンド・THE NOVEMBERSのベストアルバム限定版に同梱される「Before Today Tシャツ」。今回はそのプリントに使用する「製版」にスポットを当てた。デザインの形にインクを布へ落とす<シルクスクリーン>において重要な「製版」を作る工場へ、LUCKAND公認リポーターのケイシに尋ねてもらった。デザインデータはプリント工場に渡る前に製版工場を経由する。あまり知られていない工程だが、そこには驚くほどに多彩な職人技が光っていた。精密なデザイン再現したクオリティの高いTシャツを作るには、彼ら無くして完成しないことを痛感した…。

PREV 1 2 PREV

製版工場リポート2/2 <繋がれる「良質」のバトン>

完成した製版 ブラックプリント用

完成した製版 グレープリント用


数々の工程を経て、ようやく「製版」が完成しました。製版工場に務めるオペレーターや職人のみなさんにお話しを伺ってみると、みなさん出身、入社動機、モチベーションもバラバラ。だけど全員、共通していることが一つ。それは、それぞれの仕事に責任を持って、常に技術を高め続け、手を抜かず発揮しているところです。


中でも印象的だったのは、今回案内してくださった製版工場の代表の言葉。

製版工場代表 溝原さん

ウチはアーティスティックなモノではなく<安定したモノ>を<素早く提供する>会社なんです。説明は難しいし、あまり知られてない技術ですが、この良さを分かっていただき、求めてくださる方々のためにも続けていきたいですね。



出来上がった「製版」は梱包されたあと、次に作業を行うプリント工場長の手に渡っていきました。


「製版」を受け取ったプリント工場がシルクスクリーンプリントを行い、ようやく良質なTシャツが完成する


工場に伺って初めて、1色の「製版」を作るだけでも驚くほど多くの職人技・工程があることを知りました。色数が多いTシャツを作るには、2色なら2種、4色なら4種「製版」を作る必要があり、それを受け取ったプリント職人は、それらを寸分のズレもなくTシャツにプリントしていく……。気が遠くなる思いです。


良質なデザイン・良質なモノづくりは、無数のモノづくりの「バトン」がつながることで、みなさんの手に渡っています。失敗が許されない工程を、一人一人が技術を高めて繋いでいく。そんなモノづくりが、毎日世界中で行われているんですね。ボクも、まだまだ知られていない色んな技術を取材していきたいと思います!


INTERVIEW&REPORT:ケイシ
FACTORY PHOTO:西槇太一

PREV 1 2 PREV

RECOMMEND