2017.11.08

口約束から生まれた10年目のコラボ

国井栄之(mita sneakers クリエイティブディレクター) × 植野隆充(CLUCT 代表)

今や日本を代表するスニーカーショップとして、国内外から圧倒的な支持を集めるmita sneakers。そのディレクションを担う国井栄之と、「ベーシック+α」をコンセプトにクラシカルなアメカジにアレンジを加えたオーセンティックウエアを作り出すブランドCLUCTの代表である植野隆充。公私に渡って親交の厚いこのふたりが、植野率いるCLUCTの10周年記念コラボレーション・プロジェクトのラストを飾るべく挑んだのが、「日本らしさ」と「アメリカンテイスト」というブランドのアイデンティティーを体現したスニーカー制作。そこに至る経緯から完成までの道のりを追いつつ、近いようでいて異なるジャンルで活躍する彼らを繋ぐ<絆>にまで迫った。

僕が仕事の上で一番大切にしているのが「口約束を守れるか」どうか(国井栄之)

ー同世代のクリエイター同士、お互いをどのように見ていますか?

植野

俺は出会った時から国井さんの生き方やスタイルが好きなんですよ。努力してないように見せている人ほど実は努力をしていたりするし、あえて口に出さずとも結果で証明してみせるじゃないですか? 国井さんがまさにそのタイプで。自分が持ってない部分も沢山持っているから、近くにいることで自分も得るモノがあるし、そこで吸収したモノをオリジナルに変えられるように勉強させてもらっています。一生、友達でいてください(笑)。

ー信頼のおける友人であり、尊敬出来る先輩ということですね。国井さんはどう見ていますか?

国井

たしかに僕は「努力している姿を見せたら負け」と思っていて。だって自分がやりたいことをやっているハズなのに「努力してます!」って姿を見せるのって、全然楽しんでなさそうじゃないですか? その点、タカくんは常に楽しそうに、やりたいことをやっているなって。CLUCTがスタートした頃ってアパレル業界全体が厳しい時代だった中で、ブランドを新たに立ち上げるなんて絶対に周囲から反対されたハズなのに、「やりたい!」という想いで始めて、今もそれを続けている。

ー今みたいな時代だからこそ「継続は力なり」を体現していることの凄さを改めて感じます。

国井

あと、僕が仕事で一番大切にしている「口約束を守れるか」という点でも、タカくんはしっかり守ってくれますし、何より真面目な話からしょうもない話までフラットに出来たり、フィーリングが合うっていうのが大きいですね。

ー口約束とフィーリングでモノ作りがスタート出来るのは、信頼できる人間関係が成り立っているからこそだし、それってすごくストリートな感覚でもありますよね。

植野

国井さんはスニーカー。で、俺は服を作っていて、他にも仲間の中にはカメラマンやタトゥーアーティストなどクリエイターがたくさん集まっているから、「こんなの作っちゃおうよ!」ってなったら一気に実現するし、それによってみんなにも仕事とお金が回るじゃないですか? 俺はそういったモノ作りの形が一番素晴らしいと思っていて。何より信頼出来る仲間だから、こうやって口約束もちゃんと形に出来るし。




見えない何かを探る位だったら、今から出来ることに真剣に取り組む方が重要(国井栄之)

ーまさに築き上げてきた信頼があったからこそ実現した1足ということですね。10年という1つの節目を迎えたということで、お二人の今後のビジョンを教えてください。

植野

俺にとってもブランドにとっても10周年はあくまで通過点。とはいえ「こんな俺でも10年間続けてこれた!」という大きな自信にはなりましたね。そして11年目の新たなスタートを切った今年は、色んな場所に行き、色んな人に出会う中で、もっともっと勉強してオリジナルな自分を作っていければなと。努力は絶対に嘘つかないし、これからですね!

国井

う〜ん、僕は特に何もないんですよね……実は、昔から将来のビジョンを描くってことをしないタイプで。

ーそれは何故?

国井

だって、昨日考えた5年後よりも今日考える5年後、さらには明日考える5年後の方がアップデートされているワケじゃないですか? そうなると将来のビジョンを描くのも無駄だなって。若い頃って「将来はこうなりたい!」というゴールを決めてから、「そうなるには?」って逆算して考えていくと思いますが、それだと途中でつまずくたびに目指していたゴールもズレてきちゃうんですよね。それよりも、目の前の物事に真剣に取り組んでいく方が重要だと思っていますし、僕自身もそうやってきましたから。


<NEXT>自分の信念さえ曲げなければ、見てくれている人がどこかに絶対いるんで(植野隆充)

RECOMMEND