2017.08.04

『LEO』

佐々木亮介(a flood of circle)

Art Direction & Design : 渡辺俊太郎(BLUE BIRD d.)
Photographer & Movie director : 新保勇樹

渡辺 俊太郎
1976年福島県生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業後、在学中よりビクターエンタテインメント株式会社にてCD&DVDのデザインに従事。2012年、デザイン会社「BLUE BIRD d.」設立。

新保勇樹
写真家。1980年新潟県小千谷市生まれ。
百々新氏・野村浩司氏に師事後、2005年にフリーランスフォトグラファーとして独立。これまでに数多くのミュージシャンのCDジャケットやアーティスト写真を手掛ける。2016年にロックバンドとの旅をまとめた写真集『Tenacity Blues Diary』を出版。精力的に個展も行っている。
http://shimboyuki.com

デザインは、これまでAFOCの『I’M FREE』や『DANCING ZOMBIE』等のパッケージを手掛けてきた渡辺俊太郎(BLUE BIRD d.)によるもの。
ブックレット内外での、新保勇樹によるモノクロで深みのある表裏の写真や、抜けるような青い写真、それから関わってくれた名うてのミュージシャンたちとの写真も、ブルースならではの青色や生活感を上手く表すことに成功している。

a flood of circleのVo.&G.でありソングライターの佐々木亮介がソロ作品をリリースした。これまで弾き語り等、彼のソロでの歌を聴く機会は多数あったが、今作はそれらとも多少違った趣きを持った1枚。
元々AFOCは「最新型のブルース」を銘打って活動してきた。今回その聖地メンフィスで、しかも現地の名だたるミュージシャンと共に録られた作品だと聞き、てっきりデルタやスワンプといった、「どブルース」を予想していたのだが、飛び出してきた各曲はキチンと洗練されており、良い意味で今の彼なりのブルースを感じさせてくれる全6曲+α。女性コーラスやホーン、オルガン等も交え、ポップでホンキートンク、それでいてどこか都会さも感じさせ、AFOCとはまた違った形で佐々木の才能や歌声を楽しませてくれる。


初回限定盤にはブルースの聖地メンフィス「Royal Studios」に赴き、そこで現地の名だたるミュージシャンと共に創り上げた今作の制作現場を追った“Take Me To The ROYAL” メンフィスドキュメンタリー映像付き。こちらは和気あいあいとしながらも、キチンと職人技光るレコーディングの光景はもとより、メンフィスならではの赤茶けた乾いた雰囲気と空気感を切り取ったかのような景観もふんだんに取り込まれており、今作のレコーディング環境と共に、楽曲を更に楽しませてくれるものとなっている。

「Strange Dancer」佐々木亮介

Movie director : 新保勇樹

佐々木亮介

http://www.afloodofcircle.com
@ryosukeafoc

1st MINI ALBUM

『LEO』

初回限定盤【CD+DVD】
PECF-9026
¥2,600(+tax)
購入はこちら

通常盤【CDのみ】
PECF-3183
¥1,800(+tax)
購入はこちら

SPACE SHOWER MUSIC
2017年8月2日(水)リリース

01. Night Swimmers
02. Strange Dancer
03. Hustle
04. Roadside Flowers
05. Blanket Song
06. 無題[No title]

DVD収録内容
「Take Me To The ROYAL」メンフィスドキュメンタリー映像

LIVE

佐々木亮介(a flood of circle)
Juke Joint Tour “Hello, My Name Is LEO”

9月19日(火)仙台LIVE DOME STARDUST ※佐々木弾き語りワンマン
9月21日(木)名古屋Tokuzo ※バンドセット
9月26日(火)大阪Music Club JANUS ※バンドセット
10月2日(月)渋谷WWW X ※バンドセット

RECOMMEND