2017.09.28

「ネコの人」でいる覚悟

フクモトエミ(グラフィックデザイナー・イラストレーター)

エミネコというキャラクターを生み出し展開していく一方で、イラストレーター、グラフィックデザイナーとして音楽関係の仕事を中心に活動するフクモトエミ。
そんな彼女が2017年9月26日(火)〜10月9日(月祝)にLUCKAND-Gallery Cafe&Bar-にて「フクモトエミ作品展『ネコと泳ぐ』」を開催する。自らの代名詞とでもいうネコを据え、写真にイラストを載せた新作を展示するその内容は、デザイナーとしての視点も持ち合わせ、創作活動に様々な手法を取り入れるフクモトエミならではの展示となっている。
イラストレーター、デザイナー、フォトグラファーなどと多面的な顔を持ちながら、エミネコというキャラクターを確立していく彼女のバックグラウンドと歩んできた道を探るべく、インタビューを敢行した。

PREV 1 2 3 PREV

「フクモトさんって何の人かよくわかんないよねって感じになりたい」

作品展「ネコと泳ぐ」での1作品

—今回展示をむかえる上ではネコだけでなく、写真や他のイラストを組み合わせてデザイナー的視点でミックスしてみようという感じですか?

フクモト

段々とネコの人と呼ばれることが多くなっていって、結構それが嫌になっていた時期があったんです。デザイン含めいろんな仕事をやっているということがそのことによって伝わってない感じがあって……。でも、ネコはやっぱり自分にとって大事なので、そこを吹っ切れたのは去年ぐらいですね。それで今回の形を考えました。

—今回の展示でも自分の写真以外に他のフォトグラファーの写真を使用したり、モデルを使ったり、他にもバンド企画のイベントにおけるライブペインティングなど、いろんな人と活動されますよね。

フクモト

それは、面白そうだからに尽きますね。ネコの人って言われるのが嫌だったというのもあると思うんですが、フクモトさんって何の人かよくわかんないよねって感じになりたい。こういう人って決めつけられたくなくて。面白そうと思ったら何でもやる。

—クライアントから仕事を請け負うクリエイターとしてと、自身の作品などを作るクリエイターとしての活動バランスはどういう感じですか?

フクモト

収入的には半々ぐらいです。自身の作品やグッズの展開としての大きな活動は、百貨店の催事がありまして。猫だけでまとめられたアーティストの作品を販売するといった催事なんですが、はっきり言って私の作品やグッズは浮いてるなと思います。まずキャラクターものの作品はとても少なくて。他の作家さんは活動の経歴も長く、ひとつひとつの作品にかける時間の深さや思いの大きさが伝わってくる方ばかりです。でも、逆に私みたいなキャラクターグッズの出展があることで、普段百貨店に馴染みがないお客様も来てもらえるんじゃないか、ということで呼んでもらえたんです。でも、ここで感じたことが本当に大きくて。

—その催事がきっかけでネコに対する思いが変わったってこと?

フクモト

だいぶ、変わりました。二つあって、まずはそもそも私のネコはSuck a Stew Dryというバンドを好きだということが前提で成り立つと思っていた部分があったんですが、バンドと関係ない百貨店にいるお客さんが通りがかりに気に入って、買ってもらえたりして。そこに希望を見い出せた。
もう一つはそこに出展している作家の方々を見てなんですが、自分の作品やグッズをどう売ろうとか広めようってことはあんまり考えてない気がしたんです。それは良い意味で。本当に作品を創ることだけに全身全霊かけているというか。もっと大事に作品を創らなければならないと思いました。百貨店の催事っておもしろくて、お客さんと作家さんの関係が狭くて、とても深いんです。ツイッターフォロワー数がほとんどいなくても、すごい数のお客さんがついていたり、作品がどんどん売れていくようないい例を目の当たりにして。しっかり目の前のお客さんに、自分の作品を届けなければならないと思いました。

猫フェス IN GINZA

—「ネコの人と言われたくなかった」とありましたが、自身はどういったクリエイターで、今後どうあろうと思っていますか?

フクモト

人によってはあることだけが120%できて、それだけで仕事をとれる人もいると思うけど、自分はいろんなことが50%できる人間で仕事ができていると思っています。一時期、「ネコ以外では私は何の人?」という問いに一言では答えられないのを悩んでいたこともあったけど、今ではそれが私の強みだと思っています。どのようにあるべきかというのは、あの人に仕事を頼んだら何か楽しいことが返ってくるんだな、と思ってもらえるクリエイターになりたいです。自分の作品を創るクリエイターとしては、一つ一つの作品だけでなくて今回の展示のような、トータルの世界観を創り出すようなことをもっとやっていきたいです。

—デザイナーとしての部分も生かしつつ、ですね。フクモトさんと同じようにデザインの専門学校へ通って、これからどうなろうと考えている未来のクリエイターに対してメッセージはありますか?

フクモト

ここに来るまで、思いもよらなかったことが後に繋がったというのが多々あったんですね。イラストだってそうだし。他にもやっててよかったとすごく思ったのは、居酒屋のバイトなんです。今の仕事とは全然関係ないように思えるけど、デザイン仕事の打ち合わせもコミュニケーションだし、さっきの百貨店の催事も接客が必要になるんです。居酒屋バイトなくしてこのコミュニケーション力はなかったので、何でもまずはやってみる。楽しいと思えば続ける。役に立つかはどうかを考えるのは置いておいて、だと思います。

 
 

フクモトエミ愛用品

シャーペンの芯:uni 0.7 BLUE Nano Dia Color

絵の下書きは青のシャーペンで描きます。黒でペン入れをするので、青で下書きしておくと後で消す時に分かりやすいからです。しかもこの芯は消しゴムですごく消しやすいです。

ネコの被り物&ぬいぐるみ

これを愛用品というのか分かりませんが……(笑)。初代の被りネコは課題用に創ったものだったんですが前が見えないやつで、これは前が見えるように創り直した2代目です。黒いぬいぐるみは専門学校時代に創ったものです。

INTERVIEW&TEXT:LUCKAND
PHOTO:フクモトエミ提供

<フクモトエミ>
イラストレーター、グラフィックデザイナー。音楽関係を中心にデザイン、イラストの仕事をしながら、10年ほどオリジナルキャラクターの「ネコ」を描いている。なまえがなかったため、作者の名前と組み合わせて「エミネコ」と呼ばれるようになった。これまで音楽関係で携わったアーティストは、さくらしめじ、indigo la End、Suck a Stew Dry、秀吉、QOOLAND、TRY TRY NIICHEなど。
http://emineko.net/

<フクモトエミ作品展『ネコと泳ぐ』>
イラストレーター、グラフィックデザイナーとして音楽関係の仕事を中心に活動するフクモトエミの作品展。自らが撮影した写真を中心に、他のフォトグラファーの写真も取り入れて、そこにイラストを描いていく。デザイナーとしての視点も持ち合わせ、創作活動に写真、イラストなど様々な手法を取り入れるフクモトエミならではの展示となっている。

■2017年9月26日(火)〜10月9日(月祝)
OPEN : 11:30 – 22:30(22:00 L.O.)*日曜11:30 – 20:30 (20:00 L.O.)
CLOSE : 10月2日(月)
*入場無料(ワンオーダー制)

<LUCKAND x フクモトエミ 共創プロダクト>
展示会場及び、LUCKAND Online Shopにて発売中

ネコと泳ぐTシャツ

ネコと泳ぐトートバッグ

ネコと泳ぐiPhoneケース

PREV 1 2 3 PREV

RECOMMEND